しっかり覚えよう!宿でのルールとマナー

慣れてる人は当たり前のことでも、初めてのペット連れの旅は飼い主も慣れていないのでトラブルが起きがち。

 

ただでさえ不安だらけなのに、宿でのルールやマナーを知らないために、思わぬトラブルを招いてしまい、せっかくの旅がぶち壊しになることもあります。
特に、猫よりも、犬の方が、外に連れ出す事が多くなるのと、犬同士の接触がある可能性が高いので、トラブルは犬のほうが多そうですね。

 

飼い主のちょっとした心配りで不要なトラブルは避けることができます。ある程度のしつけが出来ていれば、あとは一度覚えてしまえば常識になることばかりですので、しっかり守って楽しいペットとの旅にしましょう(*^_^*)

 

館内に入る時は足を拭いてから

宿に入るときは、どんな時でも必ず足を拭いてから入るのが基本。玄関先にタオルを用意している宿もありますが、基本、自分で常にウエットティッシュなどを用意しておくといいです。

 

リードは短く

廊下や階段では、リードは短くもって歩いたほうがいいです。犬も見知らぬところへきて好奇心いっぱいになっていますので、ちょっと長くできるようにしてると、行動範囲が大きくなりがちです。ちょっとした不注意で、宿の備品や調度品を壊したりしないように注意しましょう。

 

また、愛犬が柱やマットの臭いを嗅ぐ行為を始めたら要注意。マーキングのおそれもあるので、リードを引いて抑制してあげましょう。

 

ベッド・寝具・ソファに上げない

 

お家でどういう風なルールになっているかは別で、宿泊先で寝具の上に上げないのはルールです。基本的に、人が寝るベッド、寝具、人が座るソファ・椅子類にはペットは上げないのが原則です。当然、布団の中に入れるのはNGです。

 

宿が好意で「いいですよ」と言っても、持参したシーツを敷いて使うのがマナーです。

 

館内の人にも挨拶を

 

ペットを連れて行けるホテルや宿泊先は、そう多くはありません。ゲスト同士でお互いに気分よく過ごせるようにサポートしあうようにしましょう。

 

ゲスト同士がいきなり話などをし始めると、ペットの方はうまくいかない場合もあります。飼い主の緊張などが伝わるのだと思います。思わぬトラブルに発展することもあるので、ペットにお尻の臭いをかがせあって、名刺交換をちゃんとさせてあげるなど、ペット同士の挨拶も注意して見てあげましょう。

 

ペットの居場所を作ってあげる

飼い主と一緒に来たとは言っても、ペットからしたら自分のテリトリーから遠くはなれて、不安です。客室では、いつも使っているタオルや毛布などを用意してあげて居心地よくしてあげましょう。なるべくトイレグッズなども同じものを持ってきてあげましょう。

 

神経質なペットだと、一切、排泄をしなくなったりすることもあります。

 

食事後はステイ・またはハウス

 

食堂にペットを一緒に連れていけるタイプの宿泊先もあります。主に犬ですが。サイズを問わずに入れてもらえるので、当然、他のゲストの同伴犬もいます。そして、同じ時間帯に食事をするわけでもないです。ステイ(待機)させる場所にも気を使いましょう。

 

もちろん、人間用の食器をなめさせたり、皿の料理を上げたりするのは厳禁です。(いるわけ無いじゃん!って思うでしょう??見ちゃった……私。本当に、そういうの全然気にしない人っているんです(T_T))

 

北海道のペットと泊まれる温泉宿
東北のペットと泊まれる温泉宿
首都圏のペットと泊まれる温泉宿
伊豆 箱根のペットと泊まれる温泉宿
甲信越のペットと泊まれる温泉宿
ペットと一緒のマナー
デビュー&人見知りに最適
イケてるペットホテル