コテージはペットと泊まれるデビューに向いています。

ペットと一緒にお泊りしたいけども、うちの子は他のワンちゃんが苦手だから……と二の足を踏んでいるパパママも多いと思います。

 

確かに、ホテル、お宿には他のワンちゃんやペットがいるケースも多く、接触することも多いです。なので、温泉がついてる貸し別荘やコテージを選べば、初心者や、人見知り・怖がりさんのペットでも大丈夫です。

 

 

要するに、お部屋が他のところから独立しているタイプを選べばいいのです。

 

特に、コテージや貸し別荘は、他のペットに会う機会もありません。それに、他のペットの鳴き声も気にならないので、余分なストレスが掛かりません。同時に、自分のペットが鳴いてしまっても、気にしなっくていいのです。

 

好きな時間に散歩に連れていけるし、接触しそうになったら道をあければいいのでとても気が楽。

 

 

最初は私は意気込んで、いきなり和室でペットOKとかを狙っていたのですが、そこに到達するにはまず、自分のペットの躾が200%完璧じゃないとダメってことを思い知らされます。全然言うこと聞いてくれなくなったりしますので……それに、ペットも興奮しちゃうんでしょうね。

 

普段も、マテ・スワレ・コイを、興奮したら5割しか出来なくなるような落ち着きの無い我が家のコーギー達には、高級ホテルや高級お宿なんて無理だとわかりました。そう、そしてそういう風にしつけることが出来ないダメな私……。

 

そういうことを知らないで、果敢に高級系にトライしていましたが……

 

高級ホテルも宿も同じことで、想像してるのと違うことが現実に起きます。例えば、豪華なクッションをガジガジしていたり、雪見障子を舐めまくっていたり(おそらく、ノリをなめてる)、ふっとテーブルに前足をかけて高価な水差しを倒す……ウェルカムで貰ったチョコレートを食べる……とか(T_T)。

 

なんか、気のせいかもしれませんが、大型犬の方がマナーが良い感じがするのは私だけでしょうか。どこでであっても、ボルゾイとか、グレイハウンドとかの高級犬の大型犬様は、飼い主に120%服従し、本当に優等生。すてきーって思います。

 

 

北海道のペットと泊まれる温泉宿
東北のペットと泊まれる温泉宿
首都圏のペットと泊まれる温泉宿
伊豆 箱根のペットと泊まれる温泉宿
甲信越のペットと泊まれる温泉宿
ペットと一緒のマナー
デビュー&人見知りに最適
イケてるペットホテル